カテゴリ:かぎ針 ワンポイント( 1 )

 

今さら鎖編みですか~015.gif


そう、かぎ針編みに絶対に必要な基本の『き』の鎖編みです。
何気なく編んでいる鎖編み、ですよね。

そんな事言われても・・・
というお話になってしまうかもしれませんがあしからず!

下の写真を御覧下さい。
右と左では、明らかに違いますよね。

b0138003_1110062.jpg


右が正しい鎖編み
左がくせのある鎖編み←らせん状(同一方向)にうねうねでしょ!


では、なぜ違うのか
それは、針の使い方(動かし方)や糸の引き具合が原因だと思われます。
このことで、V(Y?)字型の鎖目の片側の糸に「撚り」がかかり、傾いてしまいます。
(撚りというのはやっかいで、撚りの強い糸は編み上がりが傾いています)


 「そんなのかんけいねー♪」と思いますよね。
でも、これから色々な作品を編むようになった時に、もしかすると大切なのです。
例えば、縁編み(ショール等)に
鎖10目編みそこに玉編みを三つ、また鎖10目で戻る
というクローバーを選んだとします。
ここで目立つのは、クローバーの葉の部分ではありません。
鎖目がまっすぐになっていれば、おのずと、美しい縁編みが出来上がるのです。


じゃー、どうすればいいの?
残念なのですが、実際に見ないとわからない・・・
ごめんなさい。


ただ・・・


暇な時に、ちょっと編んでみてください。
そして、現時点での自分の編み方はどうなのかな?とチェックしてみてね。
数ヶ月たって、比べてみてください。
たぶん、だんだん手が慣れてきてよりまっすぐに編めるようになっていると思います。


鎖編みは、かぎ針編みに不可欠です。
そのくせ、全く意識しない編み目です。
土台になって頑張っている鎖編みちゃん、ちょっと注目してあげてね。



「フムフム、なるほど」と思ったら、ご褒美クリックお願いします。
(今日はまた動くぞ~)
にほんブログ村 ハンドメイドブログへありがとうございます



ご存知とは思いますが、糸は内側(芯の方)から引き出して使ってね。
ラベルは最後まで捨てないでください。
糸が足らなくなり、追加購入する際、必ず『ロット』を確認してください。その時に必要です。

違うロットが混ざってしまい、その数が少なければ、
袖口や衿に、という具合に使ってあげた方が、よいかな?と思います。


[PR]
by sakurasakutata | 2008-05-02 11:13 | かぎ針 ワンポイント